MENU

セルライト除去

セルライトって何?

子供の肌はプリンとゆで卵のようにハリがありますが、逆にセルライト化した肌は右写真のように、肌表面が凹凸になってみえます。オレンジの皮のように見えることから、「オレンジピールスキン」とも言われます。 痩せている、太っている関係なく20代の女性でも85%以上の人にセルライトがあるのです!


貴方のセルライト段階は?

セルライトは見た目にはわからなくても、皮膚内でじわじわと進行していきます。症状からわかる自分のセルライトレベルをチェックしてみて下さいね。

セルライト形成されない状態

肌表面はなめらかで、引き締まった美しい下半身。

脂肪細胞が小さく、細胞間の隙間が広いので、血液やリンパ液がスムーズに流れることにより、栄養や水分を運んだり、老廃物をきれいに流すことができます。そのため浮腫む心配もなく、セルライトを生み出す心配がありません。

第1段階

見た目にはわからないのが、第1段階。

最近、足が浮腫みやすくなった。という方はこの段階に入った可能性大!見た目ではわからないですが、皮膚を“キュッ”とつまむと、ボコボコがあらわれることもあります。肌が赤みをさして、斑模様がでるのも特徴。

運動不足による筋力の低下や、食べすぎによる脂肪細胞の肥大化が原因。肥大化した脂肪細胞が血管やリンパ管を圧迫し、血流を悪くします。そのことで、むくみが出現するといった症状が出始めるのです。

第2段階

見た目にも表れる、第2段階。

脂肪細胞の肥大化が進行し続けると、皮膚を掴まなくても、ボコボコ感が肌表面に確認できるようになります。また、掴んだ時痛みも伴う場合もあります。そして、肥大化した脂肪細胞の圧迫から、毛細血管ももろくなり、気付かないうちに、青アザができてる・・・・なんて事も。

肥大した脂肪細胞が血管やりんぱ管を圧迫し続ける事で、排出しきれなかった老廃物が細胞内にどんどん蓄積され、細胞に大事な栄養を取り込む力も低下してきます。そして、栄養不足状態な脂肪細胞がついには変性してしまうのです。

第3段階

明らかなボコボコ肌の第3段階。

明らかに、ボコボコ肌のセルライトが広範囲に出現してきます。触ると、固くて冷たい。そして、ちょっと掴むだけでも、痛みが伴います。

第2段階の経過悪化。変性した脂肪細胞に、コラーゲン繊維が絡みつき、固くて大きな塊になってきます。それが、肌表面に押しあがり、凹凸を更に生み出すのです。 ここまで、進行すると自分での改善が非常に厳しくなってきます。



セルライトができる原因

セルライトは脂肪細胞の肥大化、血液やりんぱ液の流れが悪くなる事での、水分・老廃物の代謝低下などでおこります。その原因になる下の項目に当てはまる数が多い人程、要注意ですよ!

冷え性

冷え性の人は基本的に、血流が悪く、またリンパの流れも悪いと言えます。その事で、細胞は栄養を取り込むことも、老廃物を排出することも困難になり、最終的にセルライト化してしまうことに。

むくみやすい

むくむ・・・という事は、排出できない水分や老廃物が溜まっているということ。血流、リンパの流れが悪いからおきる現象です。脂肪細胞が変性してしまうのは、時間の問題かも。

運動不足

老廃物を運んでくれる、リンパ液は筋肉の収縮により流れるもの。運動不足で筋肉量が減ると、リンパ液の流れを悪くするのです。。

肥満、または極度な食事制限のダイエットをした事がある

脂肪細胞の肥大化で血管やリンパ管を圧迫し、セルライト形成がおこります。逆に、無理な食事制限をした経験のある方も、栄養不足になった細胞が、次の飢餓に備え、脂肪を蓄えようと動くので、結局脂肪細胞の肥大化に繋がってしまうのです。

きつすぎる衣服

きつすぎる下着、締め付けるような衣服は、血液循環を悪くさせ、セルライトを引き起こす原因になります。

便秘

便がたまると、ガスが発生します。そのガスが腸を下垂して血管などを圧迫し、下半身への循環を悪くします。

汗をかきにくい

汗をかきにくいという症状は、自律神経の乱れからくる可能性大。そのことから、血液循環が悪い状態になっています。

ストレスを感じやすい

ストレスを感じたとき、体の中で「抗ストレスホルモン」が自己防衛のために、本来は必要の無い「脂肪を蓄えて身を守れ~!」という指令を出します。

いかがですか??当てはまるものが1つでもあえると、セルライトが潜んでいる可能性大ですよ!少しでも、セルライトが進行しないためにも、自分でのケアも大切です。

ルミセル・タッチ

セルライト除去は「ルミセル・タッチ」にお任せ!!

自分では、なかなか落とすことのできない、セルライト!あきらめる前にここはプロに任せて!! SALALAでは、セルライト除去マシーン「ルミセル・タッチ」を行なっております。右写真は、ルミセルタッチでのセルライト除去、前後写真。

ルミセル・タッチって何?

バキューム・ローラー(物理的技法)と2つの光(光学的技法)の統合でセルライトケア

ルミセル・タッチは4種類の独自の吸引リズムと、特殊ローラーの回転による優しい揉みほぐし「物理的技法」と、光生物学的にもとずく赤外線光とマゼンタ光の照射「光学的技法」を、高度な技術力によって統合した画期的なセルライトケア装置です。

ルミセル・タッチを受けられない方

ここまできて、残念ながら下記項目に当てはまる方はルミセル・タッチを受ける事ができません。ご理解下さい。

*重篤な血管系疾患(静脈炎・静脈瘤・蜘蛛状血管腫など)

*抗擬血剤服用の方

*ガンまたはエイズ

*妊娠

*心臓疾患

*皮膚の障害または炎症

*ウイルス性疾患

*インシュリン依存の糖尿病

*神経節炎症

Q&A

ここでは、ルミセル・タッチ(セルライト)について、よくある質問についてお答えいたします。

Q1 セルライトは痩せていてもできますか?

はい。やせていてもセルライトはできます。セルライトは脂肪さえあれば、 誰にでもできる可能性があります。 見た目には痩せていても、 ≫セルライトが出来る原因にチェックがある人は要注意です。

Q2 ルミセル・タッチを何回かけると、セルライトはなくなりますか?

非常に難しい質問です。簡単に言えば、「個人差があります」としか言えません。
セルライトレベル第1~2段階の方は、大体1クール(16回)でほぼ改善が期待できます。

しかし、セルライトは1度無くなったからと、再生しないという事はありません。
セルライトが改善したら、月に1度、メンテナンスの意味で、
ルミセル・タッチをかけることをオススメいたします。

Q3 ルミセル・タッチは痛みがありますか??

答えは、あえてYesです。痛みがあるのには理由があります。
セルライトが形成されている部分は、自分でつねるだけでも痛いはず。
セルライトレベルが悪い人程、最初は多少の痛みがあります。(個人差あり)。
しかし、回数を重ねる程、不思議な位、痛みがなくなるんですよ♪
それと共に、見た目にも肌の状態が変化するのがわかります。

Q4  ルミセル・タッチで痩せますか?

みなさんの、「痩せる」は、見た目はもちろんでしょうが、大抵は体重減のことを指すかと思います。セルライトを除去する事で、1~2kgの体重減は可能かもしれません。しかしそれは、水分代謝が改善され、体内の水分・老廃物がスムーズに排出されたもの。水は脂肪よりも比重が大きいことから、その1~2kg減でも、見た目、かなり痩せたように感じるかと思います。浮腫み太りしている方は、セルライトを除去すると、その程度であれば体重が落ちます。
ページトップへ